スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

この人が写ってる写真ぜんぶ

2009年09月30日 07:39

デジカメで撮った写真が増えていくと、どうしても整理が大変になってきますよね。
そういう時、Picasaは便利。Googleが提供している無料のデスクトップアプリ。

写真を扱う上で必要な最低限の、整理、編集、作成、共有の機能を網羅していて、
どの機能も直感的に利用できるシンプルなUIでまとめられてます。

整理
たとえばPicasaにPC上の全部のフォルダを監視するように設定しておけば、
どこのフォルダに写真を置いていても、勝手に撮影日順に写真をまとめてくれます。
また、タグ(インデックス、分類するためのキーワード)も設定できるので、特定の
タグがついている写真を検索してリストすることもできます。
スライドショーで、ムービーファイルも自動的に再生してくれるのも隠れたポイント。

編集
逆光補正や明るさの調整、傷や汚れの除去、赤目処理、切り抜き、リサイズなど
普通に欲しい機能は網羅されていますね。すごくはないけど、十分。また、写真から
ムービーやコラージュ、スライドショーなどをさくっと作れます。当然、PCのスクリーン
セーバーとしても使えたりします。

共有
写真やビデオは、人と人を繋いでくれます。家族や友人と共有したいという欲求は
当たり前なものですよね。撮った写真について語り合う、同じテーマの写真をコミュニティ
で共有する、などのコミュニケーションを触発する媒体ですよね。
Picasaでも、簡単にウェブに写真をアップロードし共有できる機能を持っていて、Flickr
とは違った利点(ローカルとウェブアルバムの中身を簡単に同期できたり)もあります。


こういう点を考えると、Googleがなぜ早期にPicasaを買収して、当時は畑違いに見えた
デスクトップアプリを提供してきたか、という違和感が解消されるし、その先の戦略が
見え隠れしますね。

----
さて本題。

このPicasaに、とうとう顔認識とジオタグの機能が追加されるようです。



ジオタグの方は特に目新しさはないのでさくっと済ませておくと、たとえば沖縄旅行の
写真に、Google maps上で”ココ”って指定すると、緯度経度情報を付与して管理して
くれる機能。撮影した場所ごとに整理できるようになるわけですね。これはオンラインで
写真を共有して楽しんでる人たちには、既に普通に知られてる機能でしょう。

顔認識は、人の顔を自動的に同定(同じだと判定すること)する技術。たとえば、恋人や
家族が写っている写真に、写っている人の名前をタグ付けしておくと、その人が写って
いる他の写真にも自動的にタグをつけておいてくれます。
裏側の仕組みの解説は割愛しますが、既に競合するiPhotoやFacebook Photos(face.com)
でも提供され始めてる機能ですね。

何が便利になるかというと・・・これまでは、撮った写真の数だけタグを付けないと、
テーマ別の写真整理はできなかったワケですが、これからは、大切な友人の数だけタグ
を付けておけば、誰が写っているか、で整理ができるようになるわけですね。

今は個人のアルバム内だけで実現されている機能ですが、当然、いずれはこの機能が
画像検索の世界でも使われるようになるでしょう・・・

”この人が写ってる写真ぜんぶ出して”って検索。すげ~便利。

更に・・・数年後、あなたがFacebookを使っていると、Facebookのアプリが、”あなたは
この写真で、あの人と一緒に写ってたけど、知り合いだよね?”って聞いてくるかも。

もしあなたがアイドルで、聞いてきたのが芸能記者だったら、ちょっと怖い台詞だろうけど。

----
ところで、パナソニックから出たデジタル一眼レフが欲しくなってきてます。小さくていいよね。

動画がフルHDじゃないこと、動画撮影時の音声がモノラル録音な事が気になる点・・・。
次のモデルを待つべきかな。
スポンサーサイト
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



Recent Updates:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。