スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

”かいじゅうたち”とビリーミリガン

2010年02月06日 23:50

「かいじゅうたちのいるところ」
僕も好きな絵本だったけど、どうやら映画見てピンときてない人が多いらしい。

さて、こないだビリー・ミリガンの特集番組で本人が出ている映像をyoutubeで見て気がついたのですが、かいじゅうたちの主人公マックスも、ビリー・ミリガンと同じような状況に陥っていたんだな、と。


ただ、あっちの世界でみんなが自分を守ってくれる状況を作り出し、逃げ込んでしまったビリーと、あっちの世界でも現実の世界と同じように、みんなが孤独を抱えて生きてるんだって事に気がついたマックスとの差は何だったのだろう。

母曰く、僕は子供の頃たまに、急にどこを見てるのか判らない感じになってぼーっとする事がある子供だったらしい。でも実は人間ってもんは、誰しも子供の頃にああいう世界を持っているもんですよね。



そうそう、前にも書きましたがサントラはYeah Yeah Yeahsの紅一点、Karen Oの初ソロ作。
子供達の歌声がめいっぱいフィーチャーされていて、聴いてて幸せな気分にさせてくれます。最高ですよ。
かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラックかいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック
(2009/12/23)
カレンO・アンド・ザ・キッズ

商品詳細を見る


幼い頃に父を亡くし、実母から捨てられ、でも叔母の愛情によって慈しまれたジョン・レノンが最後まで愛を叫んだように、どんな状況でも前向きに生きる力を。子供達に一番必要な教育は、それじゃないかと思いますね。
スポンサーサイト
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

かいじゅうたちのいるところ x OpeningCeremony

2010年01月28日 02:51

かいじゅうたちのいるところ x Opening Ceremonyのコラボが楽しい感じ。
詳しくは下記の写真をクリックしてみて。
Opening Ceremony x Where The Wild Things Are2_thumb

今日の一曲:Rumpus - Karen O and the Kids
「All is love」もいいけど、この曲も元気が出る。いいサントラです。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

英珠 (Eishu)

2010年01月23日 18:15

池尻のイタリアン、パーレンテッシにランチに行った時にかかっていた英珠さんの歌声に惚れてメモってから数ヶ月、Amazonで発注して待つこと約1週間。やっと3枚のCDが届きました。

日本で活動するJazzミュージシャンに多い、あまりに気合の入りすぎた歌い方ではなく、彼女の歌声はとても素直。いまは体調を壊されて活動休止中との事ですが、うもれさせるにはあまりに勿体無い・・・という事で少し力入れてご紹介したいと思います。

ミュージシャンはあまり、誰に似ているとか言われたくないものですが、あえて判りやすくお伝えするために言うと、Ann SallyやNora Jonesなんかが好きな人には、グっとくるのではないでしょうか。また、曲も基本的にカバー曲なので、あまり音楽へのこだわりが無い人にもすっと入ってきやすい音楽だと思います。なにより、とっても選曲がいいので、曲目もすべてリストしてみました。

昼下がりのまどろみ、読書しながらとか、ランチしながらとか・・・勿論、ゆったりお酒を飲みながら聴くのも良いかと思います。



eishu-songs.jpgSongs(2004/04/21) - 英珠

1. 見つめていたい
2. プライヴェート・アイズ
3. ブリッジス
4. 雨にぬれても
5. レイトリー
6. 雨をみたかい
7. グルーヴィン
8. ホールド・ミー・ナウ
9. テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー
10. サークル・ゲーム


eishu-colors.jpgColors(2005/11/23) - 英珠

1. スターティング・オーバー
2. 愛しのキッズ
3. ゴーイング・アウト・オブ・マイ・ヘッド
4. コール・ミー
5. イフ・アイ・エアヴァー・ルーズ・ディス・ヘヴン
6. 青春の光と影
7. スターマン
8. 愛の哀しみ
9. 悲しいうわさ
10. ならず者


Eishu-Cinema.jpgCinema(2007/03/21) - 英珠

1. 虹の彼方に 映画「オズの魔法使い」
2. ミセス・ロビンソン 映画「卒業」
3. ステイン・アライヴ 映画「サタデー・ナイト・フィーヴァー」
4. コーリング・ユー 映画「バクダッド・カフェ」
5. ムーン・リヴァー 映画「ティファニーで朝食を」
6. ビートに抱かれて 映画「パープル・レイン」
7. フォーリング 映画「ツイン・ピークス」
8. ローズ 映画「ローズ」
9. マニアック 映画「フラッシュダンス」
10. エーデルワイス 映画「サウンド・オブ・ミュージック」


もっと詳しく知りたい場合は、彼女のサイトのディスコグラフィをどうぞ。

Youtubeで聴ける曲は数曲でしたが、それ以外も、とっても良いです。
少しでも気になった方は、買って損はしませんよ。

彼女の復帰を祈りつつ。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Limits of Control

2009年09月12日 16:06

ジム・ジャームッシュの新作がかなり良さげ。
スペインを舞台にしたロードムービーです。

キャストはイザアック・ド・バンコレ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ビル・マーレイ、ティルダ・スウィンティン、ジョン・ハート、工藤夕貴と豪華な面々。



公式サイトはここ
9/19~ シネマライズなどで公開
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

(500) Days Of Summer

2009年08月28日 08:06

サマーという名のエキセントリックな女の子に恋したトムの物語。
最初は40?くらいの映画館でしか上映されてなかったのにロングランとなりBOX OFFICEのトップ10に食い込んできているらしい。





ミュージックビデオ出身の監督Marc Webbの初長編作品とのことで、音楽の使い方もよさげ。

出会いは、エレベーターの中。
トムのヘッドフォンから漏れる音楽に、”あたしもスミス好き”って。
音楽好きの少年が一度は夢に見そうな・・・。

日本での公開が待ち遠しいです。

以下、備忘録として。
The Ugly Truth:理想が高すぎて男性に縁のない美人プロデューサーと下品な恋愛コメンテイターの恋
Perfect Getaway:新婚カップルがハネムーン先で殺人鬼に狙われる最新スリラー
Julie & Julia:二人の女性(料理研究家とブログライター)の実話を題材にしたコメディ
The Hangover:題名のとおり羽目をはずしすぎた男たちが直面するトラブルコメディ
The Proposal:就労ビザが切れ国外退去させられそうになった主人公は、部下と偽装結婚してやり過ごそうと・・・
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



Recent Updates:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。