スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

八重山旅記 - 波照間島

2009年05月04日 08:57

いきなりですが、八重山諸島へ旅してきました。
今回の第一目的は、日本最南端にある憧れの島、波照間島へ行くこと。

西表の更に南西、外洋の荒波を越えなければ辿りつけないため、
頻繁に船が欠航してしまう。この為、短期滞在者には予定が組みにくい。

運よく船が出ても、3~4mの波に揺られる船旅は慣れてない人には苦しいもの。
旅行者にはある意味、覚悟が必要な島なのです。

しかし、その結果得られるご褒美は、他では味わえないもの。
これが国内最高のビーチだと思われるニシ浜の風景。波照間ブルーです。
CIMG4196_R.jpg
右側に見えるのが、波照間港の波止場。ニシ浜までは歩いてもこれる距離。
CIMG4208_R.jpg
朝イチの便とはいえ、GW中というのに人が少ない。
少し歩くだけで、誰も居ない最高のビーチを満喫できました。
CIMG4265_R.jpgCIMG4297_R.jpg
珊瑚のかけらでできたビーチ、サンゴ浜。 波照間漁港の波止場の外はもうコーラルブルー。

自転車で島を回る合間に、「モンパの木」というお店でTシャツを買って、
隣のカフェで海を見ながらビール。何があるワケではない島ですが、これだけで最高です。
一泊することができれば、日本で唯一、南十字星が見れる場所でもあります。

CIMG4283_R.jpgCIMG4287_R.jpg
幻の泡盛、泡波の醸造所。島外では幻と言われ、一杯の値段が1000円くらい。
ところが島内では一杯なみなみロックで300円。港のフェリー待合所にある食堂「海畑(イノー)」で、
これまた絶品のソーキそばと一緒に頂きました。泡波は勿論、そばも、めちゃウマでした。

さて、今回の旅は石垣島の離島ターミナル近くのホテルを拠点に、
竹富島、波照間島、西表島、鳩間島、石垣島ドライブ、そして黒島と、
贅沢というかハードな行程でした。残りも、おいおいご紹介していきます。
スポンサーサイト
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



Recent Updates:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。