スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

ギター奏法の進化 FingerStyleとTapping/Slapping

2009年05月16日 23:13

「奇跡のシンフォニー(AUGUST RUSH)」の映画のシーンより:


youtubeやmyspaceは、人々の音楽との出会い方に大きな変化をもたらしてくれていますが、いま、フィンガースタイルというギター奏法と、それを駆使するギタリスト達の注目度が高まっているのは、明らかにyoutubeのおかげです。まさに映像なら、その演奏スタイルの凄さが一目瞭然ですからね。

さてフィンガースタイルをざっと説明すると、アコースティックギターの奏法のひとつなんだけど、指板を指で叩いて弾くタッピングや、ギターを叩いてリズムや倍音を出すスラッピングなどを多用する演奏スタイルです。言葉で説明しても解りにくいけど、要するにあらゆるギター奏法を飲み込んで進化した奏法。

いま思えば、18の時に夢中になったTuck & PattiのTuck Andresの奏法も、このスタイルの先駆と言えるかも。

これまでの日記でも(「必見」、「続・必見」、「524とギター」)、Andy MckeeErik MongrainJustin KingCarlos VamosErick TurnbullAntoine Dufourなどを紹介してきましたが、Newton Faulknerなんかは、歌モノであることと曲の良さから、フィンガースタイルを更にメジャーにするきっかけにもなりました。

このへんもぜひ見てみて。

Ben Konstantinovic -"The Journey"


Newton Faulkner teardrops live (Massive Attack cover)


僕のyoutubeのアコギお気に入りプレイリストはこちら

ハンド・ビルト・バイ・ロボッツハンド・ビルト・バイ・ロボッツ
(2008/09/24)
ニュートン・フォークナー

詳細
ART OF MOTIONART OF MOTION
(2005/04/01)
ANDY McKEE

詳細
スポンサーサイト
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Cause We've Ended As Lovers / Jeff Beck

2009年03月29日 01:14

Jeff Beckほど”孤高”という言葉が似合うギタリストはいません。
これまでも、おそらくこれからも。

久々にCause We've Ended As LoversとDiamond Dustに酔いしれました。

こんなギター弾かれちゃ、どんなボーカリストもかすんでしまう。

最近DVDが出たようです。右のimportのSACDもよさそう。
Performing This Week: Live at Ronnie Scott's [Blu-ray] [Import]Performing This Week: Live at Ronnie Scott's [Blu-ray]
(2009/03/31)
Jeff Beck

詳細
Blow by BlowBlow by Blow
(2001/07/31)
Jeff Beck

詳細
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

たまにはギター弾いてみない?

2009年03月07日 10:21

「ギター弾いてみたいけど、どうやって始めていいかわかんない」ってひと、多いはず。
そんな人も楽しめるおもちゃを発見。
♪ボタンを順番に押すだけで、ギタリスト気分ってヤツですね。

まずはTwist and ShoutやLa Banbaなどで使われてる基本中の基本って感じのコード。
「Twist and Shout」を弾き語ってみましょう。下に歌詞とボタン押すタイミング書いてみました。

Well, shake it up, baby, now, (shake it up, baby) ← babyんトコでC
Twist and shout. (twist and shout) ← shoutんとこで2ループ目

できました?

もちろん、普通のC, F,Gみたいなシンプルなコード進行じゃイマイチ気分が乗らないかも。
でも、コードは音を楽しむための最小パーツ。
少し凝ってあげるだけで、まったく気分が変わりますよね。

これは、僕が昔作った曲のイントロで使ってるコード進行。

上のと比べると、アメリカとヨーロッパくらいのイメージの差があるでしょ。

※パーツ2つ貼ってるとたまにヘン・・・音が低すぎるな、と思ったら時間を置いてみてください。


ロックギターを卒業して、もっと色んなコードを弾いてみたい、という人にオススメなのがこの本。
さくっとボサノバギターの気分が味わえるし、曲つくりのヒントとしても最高です。
TAB譜で弾ける! はじめてのボサノバギター(模範演奏CD付) 楽譜が苦手でも大丈夫!TAB譜でかんたん!TAB譜で弾ける! はじめてのボサノバギター(模範演奏CD付) 楽譜が苦手でも大丈夫!TAB譜でかんたん!
(2007/12/26)

詳細を見る
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Stefano Barone, Andy McKee

2009年02月24日 23:31

久々にフィンガースタイルのギタリストの妙技を。
アコースティックギターの世界も確実に進化してます。

- Batman - Alexander Supertramp / Stefano Barone


Ebon Coast / Andy McKee

ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

ギターの弾き方

2007年12月27日 14:37

Justin King


Carlos Vamos


以前にもバラバラと日記に書いてましたが、世界にはものすごいテクを持ちつつ、それだけに走るのではなく、美しい音楽をつむぎだすギタリスト達がたくさん居ます。勿論日本にも居るけどね。

ギター弾かない人が音だけ聴いたとしたら、とてもギター一台の音とは思わないかも・・・もしくは、そもそもギターだと思わないかもしれない。そういうギタリスト達のyoutube動画プレイリストを集めてみたのが下記のリンクです。最近見っけたのも結構ありますよ。他のもまとめて見る

以前、日記で紹介したAndy Mckee、Erik Mongrain、Erick Turnbull達のも、勿論はいってます。
いやぁ、世界は広い。(2007/09/08にmixiに書いたものを移設)
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



Recent Updates:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。