スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

初秋の京都2

2005年09月29日 23:40




写真? 大覚寺の金屏風
写真? cafe momi
写真? 金閣寺

--------------
■行程:10時半、ホテル出発~26時半、ホテル着
■観光:二条城、清明神社、北野天満宮、金閣寺、竜安寺、仁和寺、大覚寺、清涼時、祇王寺、滝口寺、嵯峨野、天龍寺、渡月橋
■カフェ、飲み:cafe momi、百錬、K6、エナミラボ

2日目。前夜、せっかく早めに帰ったのに寝付けず、結局起きたのは10時。早速レンタサイクルを手配しホテル前で受け取り、北へ。

この日は天気も良く、二条城、清明神社、北野天満宮を抜け、金閣寺に至る頃には全身汗だく。少しペースを落として、ゆっくり参拝する事に。竜安寺の石庭を眺めながら一息付いていると、従姉妹の子のマミから電話が入り、合流。

ここから嵯峨野、嵐山へ向かう途中には一度、山を越える感じになるが、一気に奥嵯峨野まで行き、祇王寺の近くに見つけたカフェでお茶を。北欧系のすっきりしたインテリアにジョアン・ジルベルトが流れる気持ちよい空間で、渋めのアイスコーヒーを頂きました。

もともと借景庭園より枯山水の方が好みだが、やはり金閣寺や清水寺より、竜安寺~仁和寺、大覚寺は良かった。
祇王寺、清涼寺、滝口寺は、まさに奥嵯峨野という風景を楽しめる場所だが、既に受付時間が終了寸前で、駆け足になってしまったなぁ。

渡月橋周辺で暫く夕暮れの川を眺めた後、一路ホテルを目指す。三条西大路でマミと別れ、四条のホテルに着いたのは18時半くらいだった。
紆余曲折ありつつも20時頃、わざわざ神戸から来てくれたマイミク、ちょぼろくさんと合流。

百錬、K6と二軒、シブい店に案内してもらい、旨い料理と酒に舌鼓を打つ。
ちょぼろくさんは、見た目は若く爽やか。だが中身はというと・・・育った環境と、留学経験があるにせよ、この歳でこの知識量と感覚はちょっとおかしいw
飽きずに話せる相手と巡り合えるのは嬉しいもんですね。その後は、個人的に気になっていたカウンター6席のみのエナミラボへ。

確かもう一軒行くつもりで店を出たのが4時くらい?
ホテルに戻り、ベッドに座ったトコまでが2日目の記憶。

--------------
「cafe momi」
奥嵯峨野の住宅街の中にひっそりと立つカフェ。まだ出来て数ヶ月らしけれど、コーヒーも美味しく、シンプルなインテリアと高い天井、大きな窓から見える緑、おかみさんの柔らかい笑顔など、気持ち良い空間でした。

「百錬」
マイミク、ちょぼろくさんに連れられ、豚しゃぶとご飯&お味噌汁セットを頂く。正直、今回の京都の旅では、この味噌汁が一番美味しく感じてしまった。

「K6」
バーテンさん曰く置いてある酒の種類は1500種くらいという、少しオーセンティックなバーで、いつものラムとEl Tesoroという、フルーティで滑らかな味のテキーラを頂いた。
http://www.ballantines.ne.jp/enjoy/town/02/02.html

「エナミラボ」
独り旅では、こういう小箱で飲むのが一番楽しい。我々以外にお客が一人だけだったので、一緒に色んな話をして、名刺交換して分かれた。
http://www.kyoto-tv.com/kiyamachibar/enamilabo/enamilabo.html
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://megabossa.blog54.fc2.com/tb.php/302-f00f9030
    この記事へのトラックバック


    Recent Updates:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。