スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Cate Blanchett

2005年09月23日 16:42


ケイト・ブランシェット
1969年5月14日、メルボルン生まれ。

美しいブロンド、抜群のスタイル、
細すぎるくらいの頬に、切れ長の目元。
断っておくが、これらは、けして僕の好みではない。

彼女の演技力の凄まじさに気づいたのは、ここ数年。振り返ってみると、これまで見た幾つもの映画にも出演していたのだが、彼女の素晴らしい役作りにすっかり騙され、僕の中では、それらが同一人物として認識されていなかったのだ。

ざっと出演作品を挙げてみる。きっと僕と同じ事を感じる人が多いはずだ・・・。

1998 エリザベス
1999 狂っちゃいないぜ/ リプリー
2000 耳に残るは君の歌声/ギフト
2001 バンディッツ / ロード・オブ・ザ・リング / シャーロット・グレイ / シッピング・ニュース
2002 ヘヴン / ロード・オブ・ザ・リング2
2003 ヴェロニカ・ゲリン / ロード・オブ・ザ・リング3 / コーヒー&シガレッツ
2004 ライフ・アクアティック / アビエイター / ミッシング

「エリザベス」や「ロード・オブ・ザ・リング」などでのミステリアスかつ高貴な役柄が、彼女の演技の主軸だと言っていいだろう。

だが、例えば、「狂っちゃいないぜ!」でのジョン・キューザックの奥さん役、「耳に残るは君の歌声」での、女を武器に社交界に生きるダンサー役、「シッピング・ニュース」でのビッチ役、「リプリー」での品の良いお嬢様役など、幅の広い役柄を違和感無く演じ分ける能力は、感嘆に値する。

手っ取り早く、そのスゴさを確認したければ、ジム・ジャームッシュ監督の短編集「コーヒー&シガレッツ」での演技を見てみて欲しい。

コーヒー&シガレッツ【廉価2500円版】 [DVD]コーヒー&シガレッツ【廉価2500円版】 [DVD]
(2007/03/02)
ケイト・ブランシェットロベルト・ベニーニ

商品詳細を見る

http://coffee-c.com/

ちなみに、二児のママでもある。
2008/12/29追記;
2006 バベル / さらば、ベルリン / あるスキャンダルの覚え書き
2007 ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ / エリザベス : ゴールデン・エイジ / アイム・ノット・ゼア
2008 インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 / ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://megabossa.blog54.fc2.com/tb.php/306-189c9616
    この記事へのトラックバック


    Recent Updates:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。