スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

TRAMA

2004年07月14日 19:50

現在のブラジルシーンでは、文字通りBossanovaムーブメントの第二世代が前線で活躍し始めている。ボサノバギターの創始者Joan Gilbertoの娘、Bebel Gilbertoは日本でもヒットしたので耳にした人も多いかと思うけど、Jair Oliveiraが所属するTramaは、いわゆる二世アーティストの巣窟。勿論、才能は血だけで決まるものでは無いけれど、親が与えた音楽的環境からの影響は大きい。

そもそも、レーベルオーナーのJoao Marcello Boscoli 自身がElis Reginaとbossa nova詩人Ronaldo Boscoliの息子であり、Girl from Ipanemaの作者の甥にあたるミュージシャン。彼の異父兄弟のPedro Camargo Marianoや、日本のミュージシャンにも崇拝されるMarcos Suzano、やはり二世アーティストで、Tramaの花形であるWilson SimoninhaとMax de Castroの兄弟、Djavanの息子Max Viana、Sambassの歌姫Patricia Marx、Otto、Mad Zoo aka Technozoide、Tom Ze、SambaLocoなど、ブラジルの最先端の音が楽しみたければ、マストなレーベルだ。

ちなみに、Marcos Suzanoさんには、彼が、元The Boomの宮沢さんのライブにゲスト参加した時、友人の紹介でライブの後の打ち上げに混ぜてもらい、話す事ができた。もう40歳超えてる人だけど、最新のテクノロジーもしっかり使いこなしつつ、生音にこだわってる。人間的にも気さくで気持ちがいい人。

http://www.listen.co.jp/xtpart287484.jsp

日本の音楽シーンも急速に多様化してきて、いい物が増えたと思うけれど、やっぱりサッカーと音楽はブラジルにはかなわないのかなって思わされる今日この頃です。

今日のひとこと:
作家にとって生きることと書くことは一つであるべきだ。
- サルトル


FLASHFLASH
(2000/03/18)
マルコス・スザーノ

詳細を見る

ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://megabossa.blog54.fc2.com/tb.php/441-cf4a1c54
    この記事へのトラックバック


    Recent Updates:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。