スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

Musiq Soulchild

2004年07月09日 08:35

ニュー・フィリー・ソウルの立役者ジェイムズ・ポイザーと A Touch Of Jazzの面々のプロデュースによるデビューアルバム。
70年代Soulを彷彿とさせるメロウ、そのくせどこかスティービーワンダーを思わせるエッジを含んだメロディと歌いまわし。ソウルの臭い部分を感じさせず、素直に聴ける。

うんちく語ってもしょうがないな・・・聴いてみて!ところで、143って曲のタイトルの意味、判るかな~?その意味に気づいた時、この曲がますます好きになっちゃいました。
AijuswanaseingAijuswanaseing
(2008/03/25)
Musiq Soulchild

詳細を見る

ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://megabossa.blog54.fc2.com/tb.php/457-fda75647
    この記事へのトラックバック


    Recent Updates:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。