スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

エンド・オブ・ザ・ワールド

2005年07月24日 21:47

SF小説「渚にて」の映画化。
核戦争にさえも楽観的な結末を描きがちな、ハリウッド映画に対し、核戦争が起きても”比較的”生存率が高いだろうと言われるオーストラリアで製作された映画が警鐘を鳴らしているという点は重要・・・

ただ、映画としてはダメダメですね。そもそもパッケージが予想させるようなパニック映画ではないし、無駄なプロットが多く長すぎて、テーマがボケてる上、演出も音楽も演技も古臭い。 他の方の評価が高いので、あえてレビューしてみました。重要なテーマを扱っているが故に残念ですが、原作を読むほうが良いでしょう。

エンド・オブ・ザ・ワールド 完全版 [DVD]エンド・オブ・ザ・ワールド 完全版 [DVD]
(2001/02/23)
アーマンド・アサンテレイチェル・ウォード

詳細を見る

ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://megabossa.blog54.fc2.com/tb.php/556-795c63b3
    この記事へのトラックバック


    Recent Updates:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。