スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

The Spirit Music Jamia: Dance of the Infidel / Meshell Ndegeocello

2009年01月23日 01:43

2年くらい?前に書いたレビューの転載。
---

基本的にはR&B, Funk, Hip Hopを基盤にしてきたかに見えるMe'Shell NdegéOcello。しかし、Herbie Hancockとの"Nocturnal Sunshine"をはじめ、Marcus Millerとの共演などでも、そのベースプレイとボーカルスタイルが、Jazzというフィールドの上でも非凡である事は明らかでした。

このアルバムは、これまでの彼女の音楽性の中から、Cool Jazzのフォーマットという枠組みの中で生きる音たちを、多様なゲスト陣に支えられつつ、絶妙な配置と選択の元に再構成したもの。力の比重が演奏よりもプロデュースに寄っていて、自身が歌うことも無く、ベースも全体の半分しか弾かず、と、普段とは明らかに違うスタンス。バックにはJazz界の御大Jack DeJohnetteとKenny Garrett、Matthew Garrison、それにOran Coltrane。

彼女自身の歌声が聞けない代わりに、"Aquarium"ではBrazillian GirlsのSabina、"The Chosen"では Cassandra Wilson、更に"When Did You Leave Heaven"ではLalah Hathawayが、素晴らしい歌声を提供しており、Neo Soulが好きな人なら間違いなく満足できる内容です。

"The Chosen"は一生聴き続けます。

これはHancockとの"Nocturnal Sunshine" kiss your mind


The Spirit Music Jamia: Dance of the InfidelThe Spirit Music Jamia: Dance of the Infidel
(2005/06/21)
Me'Shell NdegéocelloSpirit Music Jamia

詳細を見る


ところで今日は以前の同僚と渋谷で会ってました。
新しい環境で楽しくモチベーション高く仕事してるらしく、嬉しい限り。

僕自身も、今の仕事とのめぐり合わせは運命なのか、自分が切り開いた
必然なのか・・・ともかく恵まれたのだな、と思ってるんだけど、
こういう時に限って、景気の悪化や、視野の狭い連中や、心を悩ます様々な
お誘いなどが・・・でも、こういうご時勢だからこそ、国も会社も自分も、将来
への基盤を整える事にリソースを集中すべきときなんだと思います。
どの道を選ぶべきか、きちんと見極めていかねば、ね。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://megabossa.blog54.fc2.com/tb.php/607-ed930f79
    この記事へのトラックバック


    Recent Updates:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。