希望の国のエクソダス / 村上 龍

2005年10月16日 22:58

「この国には何でもある、だが、希望だけが無い。」

希望と野生を失い、ただ捕食される為に生きる養鶏場の鶏。
ただ生存する為に淡々と弱い獲物を探す肉食獣。

このパラレル・ワールドを、まったく有り得ない世界と片付けられるだろうか。

希望の国のエクソダス (文春文庫)希望の国のエクソダス (文春文庫)
(2002/05)
村上 龍

詳細を見る


ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://megabossa.blog54.fc2.com/tb.php/646-2d8f4c47
    この記事へのトラックバック


    Recent Updates: