スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

異常と正常

2007年05月10日 02:17

映画、ガタカの世界では、子供は、遺伝子操作によって、先天的疾患や欠陥を補正されて生まれてきます。異常や病気を未然に防ぐ事ができる代わりに、均質化され将来を予見される。あなたの限界はここですよ、と初めから示される世界。

そこでは、能力の差を努力で克服し、その人ならではの特性を引き出す、というような可能性を消してしまう。さらに言えば、進化のプロセスである突然変異や、個体のバリエーションを拒否し、是正してしまう。

その矛盾というか、皮肉を象徴的に見せるシーンとして、6本指のピアニストが大喝采を浴びるシーンが使われてました。

いま4chでラフマニノフのピアノ協奏曲をやってました。一流のピアニストにも弾きこなすのは困難といわれる数々の曲を書いたラフマニノフの巨大な手が、もともとの体の大きさもあったにせよ、マルファン症候群という病気のせいだったというのを知り、ガタカを思い出しました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%8E%E3%83%95


ガタカ (Blu-ray Disc)ガタカ (Blu-ray Disc)
(2008/03/19)
イーサン・ホークユマ・サーマン

商品詳細を見る

ラフマニノフ : ピアノ協奏曲第2番 [DVD]ラフマニノフ : ピアノ協奏曲第2番 [DVD]
(2002/06/19)
日本フィルハーモニー交響楽団

商品詳細を見る

ブックマーク:
応援クリック:にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://megabossa.blog54.fc2.com/tb.php/69-387e8f79
    この記事へのトラックバック


    Recent Updates:


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。